急激な変化


たとえば前オーナーがおだやかに運転し、エンジン回転も4000回転ぐらいまでしか回さなかったのに、
新しいオーナーは急加速が好きで、買ったらいきなり7000回転まで使う。

ブレーキもこれまでにない踏み方でガツンと踏まれる、といった急激な変化に見舞われると、
メカの方では「オイオイ、ちょっと待ってくれよ」となり、場合によっては耐えきれずに壊れてしまうことがあるわけだ。

[PR]
by kajitsuk | 2015-12-10 14:29


<< 精密なメカニズムの集合体 ガッカリ >>