自動車による公害問題の発生


1970年に発表された「成長の限界」というレポートは、
人類の危機をアピールする環境に対する警告の書であった。

世界の良心的な経営者や学者がローマに集まってそれをまとめたものである。
人類はこれ以上の経済成長を続けることは不可能で、
消費している資源の量は指数関数的に増加して、いずれ限界がくるというものだ。


[PR]
by kajitsuk | 2015-09-06 17:38


<< 「成長の限界」 日本の自動車産業 >>