アジア戦略のポイント


アジアの合弁工場は、以前の"KD(ノックダウン)工場の時代"から、
"グローバル工場の時代"に向けて様変わりしつつある。

中国の工場は、欧米に建設したトランスプラント(移植工場)と
何ら変わらない水準に来ている。

今後は、中国やASEANなどの地域特性を踏まえたアジア大の視点による
グローバル製品市場戦略づくりが必要となろう。

今後のアジア戦略のポイントとしては、アジアの拠点国で、
国際競争力があり輸出できる製品を生産することが求められている。

一方日本では中古車輌リースが求められている。
新規購入より低コスト運用が出来るのが理由だろう。
大きめの車は高いので検討の価値はある。
詳しくはこちら


[PR]
by kajitsuk | 2014-10-30 09:30


<< 成功ものがたり 市場競争の先導役になる可能性 >>